トップページ >原因不明の感染症にかかり闘病生活送ってます。

原因不明の感染症にかかり闘病生活送ってます。

数年前に、原因不明の感染症である不治の病を患ってしまい現在も闘病生活を送っていて大学病院に通院中です。

 

極小未熟児で産まれたこともあ、元々体が強くはなかったものでこれまで数々の病に掛かってしまい幾度も悩まされてきました。

 

こちらでは、上記に記している感染症に関しての記事を書かせて頂きます。

 

一つは、現代においても未だまだ知名度が低く致し方ないとも思いますが誤解や偏見がある事です。二つ目は、周囲への感染拡大を防ぐという意味でも生活制限や精神的ストレスです。三つ目は、免疫力や体力が下がり易くそれにより風邪やその他の病気に掛かってしまい易くなることです。四つ目は、個人差はあるものの再発リスクがあり再発しているか否かを自己判断するのが難しい点です。五つ目は、膨大な治療費による経済的な面においての負担です。六つ目は、特効薬が無く止むを得ず治療が長期に渡ることや常に神経を張り巡らせていなくてはならない事です。

 

上記に述べた順に記させて頂きます。何よりも、先ずこの身に降り掛かった事実を真摯に受け止めることからです。

 

一つ目に関しては、直接専門医から受けた説明やインターネットなどを利用して得た病気に関する知識や他の患者さんの声や私自身の思いを出来る限り多くの方へ伝えるるよう心掛けています。

 

二つ目に関しては、規則正しい生活、手洗いやタオルを分けて使用するなど感染ルートとなる事に重点を置くことです。食生活の改善法を独学で勉強している最中です。

 

そして、ストレスを減らす為にも趣味を増やしたり、いいこと日記帳を付け気分転換を図り体以前に心の健康に気を配っています。

 

三つ目に関しては、食生活の見直し以外にもストレッチやマッサージや筋肉トレーニングなどを心掛けています。四つ目に関しては、定期検査や些細な体調の変化をお薬手帳に記したり常に状態を把握し担当医と共に管理を怠らないようにしています。五つ目に関しては、特に消費物の購入は最低限に抑え節約をし少しでも多く治療費へ回すようにしています。六つ目に関しては、長い目でみて心にゆとりを持つようにし神経質にならないよう気を付けています。