トップページ >赤ちゃんに気をつけたい暑さ対策

赤ちゃんに気をつけたい暑さ対策

言葉もままならず、自ら暑さ対策を行えない赤ちゃんを抱えるお母さんにとって、梅雨の時期から残暑がおさまるまでの間は心配なことでしょう。赤ちゃんの暑さ対策で一番気になるのが、熱中症だと思います。

 

暑がりで汗っかきの赤ちゃんは、ほんの短時間の外出や家の中で眠っている間にも、熱中症にかかってしまうことがあります。原因は、高温と多湿によるもの。体内に水分が不足してしまうのが原因で、油断せずにしっかりと対策を行っていきましょう。

 

対策としては、赤ちゃんが例え欲しがらなくとも湯冷ましや麦茶などをこまめに与えることが肝心です。下着や敷布をこまめに取り替えることも、効果的です。

 

どうしても外出しなければならないときには、できるだけ午前中の気温が暑くなりすぎない時間に出るようにしましょう。ベビーカーには日よけ対策を行い、冷んやり素材のタオルなどを敷いてあげましょう。

 

日差しの熱で、火傷してしまう場合もあります。赤ちゃんの皮膚は柔らかく薄いため、日差しの暑さだけでなく周囲の過熱にも反応してしまう危険があります。

 

道路のアスファルトやマンホールのフタなどは、最高潮の暑さのときには60度以上の高温に至ります。公園の遊具や道端の石ころ、砂場の砂なども、焼けるように熱くなっていることがあります。

 

自転車の座席や車のボンネット、ドアノブなども高温になりやすいので、お母さんが抱っこしているときに赤ちゃんの腕や足に接触しないように気をつけましょう。

 

冷房対策にも、注意が必要です。赤ちゃんがいる部屋を涼しく快適にしておくことは大切ですが、直接風があたらないように注意することも重要です。

 

スーパーや銀行など、冷房が効いている場所では、赤ちゃんの体をタオルなどで覆ってあげて、足先などが冷気で冷えないように気をつけましょう。