トップページ >ミネラルの吸収力は弱い

ミネラルの吸収力は弱い

そもそもミネラルは、吸収されにくいという特徴を持っています。そのうえ、摂取する人の体調やとり方によっても全てが吸収されないという現象が起こるため、上手に摂取することが必要です。

 

カルシウムの吸収
カルシウムは、牛乳に多く含まれるとよく知られています。しかし、牛乳を飲んだだけでは、全てのカルシウム成分が体内に吸収されません。

 

実のところ、50%程度しかカルシウムが吸収されないといいます。合わせてとりたいのが、ビタミンD。紫外線を浴びることによってビタミンDを無理なくとれますが、最近の紫外線は有害度も高くなってきているため、日を浴びたくないという人も多いでしょう。

 

そこで、牛乳にあらかじめビタミンDが含まれていることも多くなっています。効率よくカルシウムを牛乳から吸収したければ、そのような乳製品をとるのも方法です。

 

覚えておきたいのは、最近盛んになっている食物繊維の摂取について。食物繊維と一緒にとってしまうと、カルシウムの吸収率はグンと下がってしまいます。さらには、一気にカルシウムをとると、排泄されてしまう率が高いというのも覚えておきましょう。

 

過剰摂取
いくら吸収されにくいといっても、ミネラルには過剰摂取の恐れがあります。微量しか必要としない栄養だけに、摂取量には気をつけたいものです。注意したいのが、サプリメントによるミネラルの摂取。

 

食事から吸収されにくいのでサプリメントを利用したい反面、多くとろうと思うのは止めたほうがいいという重要事項があります。サプリメントなら、案内されている以上の摂取はしない、食事でミネラルが足りていれば敢えてサプリメントは休んでみるなどの工夫も必要です。