トップページ >車買い替え時には走行距離を見る

車買い替え時には走行距離を見る

車の買い替えを検討するべき走行距離はいったいどれくらいのものなのでしょうか。ひとつ考えられることは、タイミングベルトの寿命と言われる10万キロくらいがひとつの目安だと考えられます。タイミングベルトはエンジンに対して必ず必要な部品で、これがもしも切れてしまうと車を走行させることが出来なくなります。

 

ちなみに、タイミングベルトは交換するのに8万円くらい費用がかかってきます。要するに、ここが車検で引っ掛かった場合、車検の必要金額が大きく上がってしまうのです。仮に5万円で車検が出来ていたものが、10万円以上になってしまうこともあるわけです。

 

それに、普通車でも軽自動車でも10万キロ乗っていると他の部分も傷んでしまうものですから、総合的に見ても買い替えの時期だと考えていいでしょう。ただ、車は部品を乗せかえることもそうですが、大事にメンテナンスしてやればいくらでも乗れるものです。

 

タイミングベルトのように大きなコストがかかる場合もありますが、本当にその車に愛着を持って乗り続けてあげれば10万キロどころか20万キロでも走行させることが出来ます。ただ、年式が古くなってくるとどうしてもその時々の規格に対応できなくなってくる場合もあります。排ガス規制などがいい例です。

 

こういった規制に引っ掛かってしまうような場合は、どうしても買い替えをする時期になってしまいます。ただ、最近に購入した車であれば、しばらくの間は大丈夫だと思ってもいいかと思います。